後継者不在の医療法人を事業承継

長年クリニックを経営してきたものの、後継者が不在で困っている医院が近年増えています。

一人医師医療法人の制度が出来た際に医療法人化した大半の医院が、もう代替わりするか閉院する時期になってきています。

その中には、医療法人にしているものの後継者がいないクリニックが、法人を清算するのも面倒で費用がかかるので、誰か引き継いでくれないかと望んでおられる医療法人が結構あるのです。

クリニックの患者を引継ぐ

そうした先生は、しっかりと財産形成されている場合が殆どで、お金というよりも患者さんをしっかりと引き継いでもらえることを望んでおられます。

場合によっては、新規に開業するよりも安くで開業できるケースもあり、最初から医療法人として運営をすることができるというのも利点です。

そうした案件は、銀行や顧問になっている税理士、コンサルタントが情報を持っていますが、肝心の引き継いでくれる医師を見つけてくることができません

ですから、新規開業を専門に取り扱っている会社や、医療の事業承継を専門に扱っている会社と連携していることが多くあります。新規に開業だけを考えるのではなく、良い承継案件がないか相談することで、タイミングがよければ掘り出し物の案件に出会える可能性があります。

クリニック承継案件の注意点

事業承継の案件には、悪質なブローカーがコンサルタントと称して仲介を行っているケースがよくあります。こうした案件は、何人も間に入って中華医療を上乗せしているため、相場より非常に高額になっているので注意が必要です。

しっかりとした会社かどうかを見極めましょう。

このページトップへ

お勧めサイト